中国株(終了):CSI300指数、上昇-燃料値上げで製油株が高い

中国株式市場で、CSI300指数は上昇した。 中国政府が燃料価格を大幅に引き上げたことを受け、製油会社が生産を増やし、 燃料不足が解消されるとの見方が広がった。

中国石油化工(Sinopec、600028 CH)や中国石油(ペトロチャイ ナ、601857 CH)の2大製油会社が上昇。国家発展改革委員会(発改委)は、中 国は燃料不足に直面しているが、値上げにより供給が改善されるとの見解を示し た。国内最大の電力会社の上場部門、華能国際電力(600011 CH)をはじめ電力 株も高い。発改委が電力料金の引き上げについても発表したことが好感された。

交通銀行シュローダー・ファンド・マネジメントの運用担当者、鄭拓氏は 「燃料値上げの幅が市場予想を上回った」と指摘。「このニュースを手掛かりに エネルギー株が上がった」と述べた。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は前日比76.59ポイント(2.8%)高の2849.67で終了した。業種別 では、10業種すべてが上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE