UBS含む欧州の銀行、収入低迷は続く-リーマンが業績予想下方修正

米証券大手リーマン・ブラザーズ・ホール ディングスは20日までに、欧州の銀行が「長期にわたる収入低迷」に直面して いると指摘した上で、同業界の今年第2四半期の業績見通しを引き下げた。

リーマンのロンドン在勤アナリスト、ジョン・ピース氏は顧客向けリポート で、資産規模で欧州最大の銀行、スイスのUBSが2008年4-6月(第2四半 期)に55億ドルの費用を計上する可能性を指摘。スイスの同業クレディ・スイ ス・グループは同四半期に13億スイス・フランを、ドイツ銀行は19億ユーロを それぞれ計上する公算もあるとした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE