欧州株(20日):3カ月ぶり安値-業績懸念で銀行・自動車が安い

欧州株式相場は下落、ダウ欧州株価指数は3 カ月ぶりの安値を付けた。銀行株はアナリストの損失拡大見通しが嫌気されて下落。 自動車株は弱気の販売見通しで売られた。また原油相場がバレル当たり4ドル超上 昇したことも地合いを悪くした。

UBSとドイツ銀行が安い。リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが両行 の今年第2四半期利益見通しを下方修正したことが嫌気された。HBOSは一時、 株主割当価格を下回った。格付け会社、スタンダード・アンド・プアーズ(S& P)がHBOSの格付け見通しを引き下げたことが売りにつながった。

イタリアの自動車メーカー、フィアットは2006年来の安値まで下落。同国自 動車市場は「悲惨な状態になる」との見通しを示したことが売りにつながった。独 スポーツ車メーカーのポルシェは4日ぶりに下げに転じた。

ダウ欧州株価指数は前日比1.7%安の295.08で終了。週間ベースで3週連 続安となった。年初来の下落率は19%。

20日の西欧市場では、16市場すべてで主要株式指数が低下した。ダウ欧州 50種株価指数は前日比1.8%安、ダウ・ユーロ50種株価指数は1.7%低下した。

UBSは3.8%下落。ドイツ銀行は3.9%下げた。ジョン・ピース氏らリーマ ンのロンドン在勤アナリストは顧客向けリポートで、UBSが第2四半期に55億 ドルの費用を計上し、22億スイス・フランの赤字となる可能性を指摘。同アナリ ストによると、ドイツ銀行は19億ユーロをそれぞれ計上する可能性がある。

HBOSは5.4%下げ、株主割当価格の275ペンスを一時下回った。S&P はHBOSの格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げた。

フィアットは6.7%安と、2006年9月以来の安値となった。ポルシェは

4.2%低下。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は一時、前日比

4.27ドル(3.2%)高のバレル当たり136.20ドルまで上昇した。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比87.6ポイント(1.5%)安の5620.8。FTオー ルシェア指数は同41.96ポイント(1.4%)下げて2864.01。

ドイツのDAX指数は142.73ポイント(2.1%)下げ6578.44。HDAX 指数は64.73ポイント(1.9%)安の3400.88。

フランスのCAC40指数は82.12ポイント(1.8%)低下し4509.27で終 了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE