あさひ株が午後急伸、ガソリン高で自転車にシフト-第1四半期快走

自転車専門店をチェーン展開するあさひ の株価が午後に入り上げ幅を拡大。ガソリン価格の高騰や駐車禁止の取り締り 厳格化で自転車ニーズが高まり、スポーツ自転車の販売が好調だ。2008年3- 5月(第1四半期)は大幅な増収増益を確保、値上げにより利益率も改善して おり、今期の業績上積みを期待した買いが優勢となった。午前は一時1.7%安 まで下げる場面もあったが、午後1時の四半期業績の開示を受けて前日比80 円(5.5%)高の1532円と、2週間ぶりの高値水準に上げた。

第1四半期の営業利益は、前年同期比20%増の9億4600万円。古賀俊 勝・取締役管理本部長によると、消費の落ち込みにより一般用自転車の買い控 えがあったものの、「スポーツ車の販売が伸びた。ガソリン価格の高騰で、通 勤に自転車を利用するが増えた」という。

さらに、道路交通法改正に伴う駐車違反の取り締まり強化も、自転車需要 増加の背景にある。既存店売上高は、5期連続で前年同期を上回った。また、 原材料価格は上昇したが「一般用自転車を中心に10%の値上げが浸透した」 (古賀氏)ため、利益率が改善した。

08年8月中間期の営業利益は前年同期比14%増の13億4400万円。第1 四半期の進ちょく率は70%に達する。ただ、第1四半期は入学シーズンなどの 季節的な要因で、「売上高が最もの伸びる時期」(古賀氏)だけに、業績予想 を据え置いた。今期出店予定は25店舗。古賀氏は「第1四半期は7店舗出店 し、順調に新規出店が進んでいる」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE