中国株(午前):CSI300指数4.9%高-燃料値上げで製油株が高い

20日午前の中国株式市場で、CSI300指 数は上昇。中国政府が燃料価格を引き上げるとともに、電力料金の値上げも発 表したことから、石油株や電力株が上昇を主導している。

中国石油化工(Sinopec、600028 CH)や中国石油(ペトロチャイ ナ、601857 CH)の2大製油会社が上昇。ガソリンとディーゼル油の価格が 17%以上引き上げられたことを好感した。国内最大の電力会社の上場部門、華 能国際電力(600011 CH)をはじめ電力株も高い。

交通銀行シュローダーズ・ファンド・マネジメントの運用担当者、鄭拓氏 は「燃料値上げの幅が市場予想を上回った」と指摘。「このニュースを手掛か りにエネルギー株が上がった」と述べた。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前日比

134.72ポイント(4.9%)高の2907.80。前週末比では2.4%値下がりしている。

中国石油化工は4.5%、中国石油は5.1%それぞれ上昇。華能国際電力は 10%の値幅制限いっぱいの上昇となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE