米シティグループの株価を大きく動かした2人のアナリスト

あるアナリストの一声によって、シティグ ループの株価は7営業日で計11%下落した。このアナリストはシティの経営陣 に投資家が不満を抱いていると指摘。当時の会長兼最高経営責任者(CEO)、 チャールズ・プリンス氏が辞任すべきだとし、シティ株の投資判断を引き下げ た。

このアナリストは、ドイツ銀行のマイケル・マヨ氏(45)で、シティのリ ポートでウォール街の花形になったオッペンハイマーのメレディス・ホイット ニー氏(38)ではない。ホイットニー氏は昨年10月31日、シティ株を「ニュ ートラル」から「アンダーパフォーム」に引き下げた。調査リポートで07年 7-9月(第3四半期)のシティの配当が利益を上回るという計算を行った上 での投資判断引き下げで、ホイットニー氏はシティが300億ドル(約3兆2400 億円)の増資を行う必要があるとも指摘していた。

マヨ氏はホイットニー氏よりも2週間以上前に、シティ株の投資判断を 「バイ(買い)」から「セル(売り)」に引き下げていた。

昨年10月11日夜、マヨ氏が「ニューヨークニックス」のバスケットボー ルの試合を観戦していると、携帯電話が鳴った。同僚が、シティに何か変化が あったと知らせてきたのだ。プリンス前CEOは発表資料で、ほぼ60億ドル の損失と資産評価損を受けて、トレーディング責任者、トーマス・マヘラス氏 が退社し、当時オルタナティブ投資の責任者だったビクラム・パンディット氏 を新設の法人顧客グループの責任者に昇格させることを明らかにした。

ジョージワシントン大学でMBA(経営学修士号)を取得したマヨ氏は、 プリンス前CEOをかなり以前から批判していた。翌日、同氏はシティの投資 判断引き下げを伝えるリポートを発表した。「われわれは会長を交代させる必 要があると感じている」と伝えた。

両氏のリポートを比べると、ホイットニー氏の昨年10月31日の投資判断 変更の方が格段に有名だ。インパクトが強かったためで、マヨ氏のリポートの 発表翌日のシティ株下落率が3.4%だったのに対し、ホイットニー氏発表の翌 日には8.1%下落した。これは02年9月以来の大幅安で、プリンス前CEOは 4日後に辞任した。

ホイットニー氏もマヨ氏も、お互いの仕事にはコメントしない。両氏とも、 シティの経営を批判し続けている。ブラウン大学で史学を学び、16年前にウォ ール街で仕事を始めたホイットニー氏は、パンディット現CEOがシティの無 数の病気を治療できる望みはほとんどないとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE