NY原油時間外:続落-中国の燃料価格引き上げで需要後退観測

ニューヨーク原油先物相場は、アジア時間 20日の時間外取引で続落している。中国が燃料価格を引き上げたことから、需 要が減少するとの見方が広がった。19日の通常取引では、バレル当たり4ドル 超下げていた。

世界2位のエネルギー消費国である中国の国家発展改革委員会(発改委)は 19日、ガソリンとディーゼル油を20日から最大で18%値上げすると発表。米エ ネルギー省は10日のリポートで、中国の石油消費が今年、44万バレル増の日量 平均802万バレルになるとの見通しを示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限はシンガポール時 間午前9時32分(日本時間同10時32分)現在、60セント(0.5%)安の1バ レル=131.33ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE