米農務省:シリアル・菓子類の08年価格予想を上方修正へ-穀物高で

穀物や燃料の高騰が加速するなか、米農 務省(USDA)は、シリアルや焼き菓子類、甘味類、鶏肉などの2008年の 価格見通しを、前月時点の予想から上方修正する見通しだ。

USDAは20日に発表予定のリポートで、シリアルや焼き菓子類の価格 の年間上昇率見通しを9-10%と、5月時点の予想である7.5-8.5%から引き 上げるとみられる。予想通りなら、上昇率は1980年以降で最高となる。US DAによると、今回の見通しには、米中西部の浸水による穀物への被害は反映 されておらず、7月のリポートに織り込まれる予定。

世界の食料需要の増加で米国の輸出が伸びる一方、悪天候による減産や燃 料向け穀物の消費拡大により、小売業者はコストの増加分を消費者に転嫁して いる。トウモロコシ、小麦、大豆、コメ相場はことしに入って過去最高値を更 新し、牛肉、豚肉、鶏肉の価格も上昇している。

USDAの食料担当エコノミスト、エフライム・ライブタグ氏は18日付 の電子メールで、同省は全般的な食料価格の上昇率見通しについては4.5-

5.5%で据え置いたものの、6月の修正は「現在、価格がより高いレンジにあ ることを示唆している」と指摘。「燃料や輸送、エネルギーのコスト」が今回 の修正につながったとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE