ナガイレベ株が小反発、自社株買いで株主還元-原油高で業績下方修正

衛生白衣メーカーのナガイレーベンの株 価が小反発。向こう1年間で発行済み株式総数の2.2%に相当する43万株を上 限に自社株買いを実施する方針が示され、資本効率の改善などが期待された。 ただ、原油高で医療機関向け洗濯サービスを手掛けるリネン業者らが同社製品 を買い控える動きを見せており、上値は重く、上げ幅も限定されている。

午前9時10分現在の株価は前日比6円(0.4%)高の1745円。取引開始 直後には1.0%高の1749円を付ける場面もあったが、小口の売り注文が相次ぎ 上昇幅を縮小、1730円台で取引が続いている。同社株の年初来安値は3月3日 に付けた1691円。6月13日以降、1700円をにらみ軟調な展開が続く。

ナガイレベが19日の取引終了後に公表した2007年9月-08年5月期(9 カ月累計)業績によると、連結売上高は前年同期比3%減の107億円、営業利 益は同5.2%減の28億円にとどまり、会社想定を下回った。医療機関が経費を 抑制している影響で、看護士向けや医師向けのウエアの売上高が減少した。

アイテム別の売上高は看護士向け「ヘルスケアウエア」が同4.0%減の63 億円、医師向け「ドクターウエア」が同2.6%減の18億円、手術ウエアが同 10%増の6億8300万円など。「納入先医療機関数は特段変わっていないが、 少しずつ発注数量が減っているようだ」(取締役管理本部長の大野和城氏)と いう。足元の原油高を受けて、「リネン業者が買い控えを起こしている現状を みて、保守的に予算を組み直した」(同氏)そうで、08年8月通期の連結営業 利益予想を38億円から35億円に7.7%減額修正した。

日興シティグループ証券の山口秀丸シニアアナリストは19日付の投資家 向けリポートで、「従来、会社予想には未達余地があると見ていたが、下方修 正幅は想定より大きい」と指摘、同社株の目標株価を2800円から2600円に引 き下げた。一方で山口氏は、自社株買いの実施について「投資家還元策に積極 的なスタンスは継続している」と、一定の評価も与えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE