日本株は反発スタート、輸出関連や海運株に買い-海外原油相場が急落

東京株式相場は反発して始まった。海外原 油価格の大幅反落を受け、米国経済に対する過度の悲観論の後退から、松下電器 産業やトヨタ自動車を中心とした輸出関連株が上昇。また、コスト圧迫懸念が薄 らぎ、商船三井など海運株、日本通運など陸運株の一角が買われている。一方、 国際石油開発帝石ホールディングスなどの石油関連株は下落。東証業種別33指 数は28業種が上昇、5業種が下落。

日経平均株価の始値は、前日比40円85銭(0.3%)高の1万4171円2銭。 TOPIXは同4.47ポイント(0.3%)高の1380.07。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE