外債投資家:ドル買い介入や年内の米利上げに懐疑的-バークレイズ

バークレイズ・キャピタル証券によると、外 国債券に投資する国内投資家はドル安是正を狙った為替介入や年内の米利上げを、 ほとんど想定していない。飯田美奈子外債ストラテジストは「日本の投資家は懐 疑的だ。介入や利上げが早期に実施されるとは考えていない」と話した。

同社は今週、外債投資家に対し為替介入と米連邦準備制度理事会(FRB) による年内利上げの可能性について質問。両項目とも「20%未満」が過半数を占 め、高い確率の区分ほど、予想する投資家が少なかった。「20%未満」に「20- 40%未満」を加えると、為替介入で83.3%、年内利上げでも79.2% に達した。13、14日に開かれた主要国首脳会議(洞爺湖サミット)財務相会合 の共同声明で為替問題への言及がなかったことについても、想定内とする回答が 75%に及んだ。

ポールソン長官は9日以降、「強いドル」の堅持やドル安是正を狙った為替 介入の可能性に言及。ブッシュ大統領も「強いドルは米国の国益」だと言明した。 バーナンキFRB議長は3日、ドル安が「インフレとインフレ期待に及ぼす影 響」を注視していると発言。利上げ観測が一気に高まった。米金利先物市場のト レーダーは、FRBが9月に利上げする確率を約95%と見込んでいる。

飯田氏は19日のインタビューで、世界経済は「特殊な局面にある」と指摘。 景気過熱によるインフレではなく、米サブプライム(信用力の低い個人向け)住 宅ローン問題に端を発した金融危機を受けた大幅な米利下げを背景に、「景気減 速下でドル安・商品高を通じたインフレが進んでいる」と語った。ドル買い介入 については、「実施するなら日米欧の協調介入でないと効果が薄いが、そこまで 一気に話が進むわけではない」との見方を示した。

日本の投資家による米国債保有額は5922億ドルで世界最大。2位は中国で 5020億ドル、3位の英国は2514億ドルだ。ドル買い介入が実施されてドル高・ 円安になれば、保有する外債や利子収入の円換算額が増える。米利上げ観測が高 まれば、金融政策の動向に敏感な2年債の利回りは上昇(価格は下落)する半面、 長期債相場は景気やインフレなどに関する予想に左右される。

バークレイズ・キャピタル証券は2005年5月から毎週、米10年債利回りと 円相場、米欧国債のどちらが魅力的かの3点に関し、日本国内の主な外債投資家 を対象にアンケートを実施している。高橋祥夫チーフ外債ストラテジストが率い る調査チームは、市場で関心が高いテーマについての質問も設定。今回はドル買 い介入とFRBによる年内利上げの可能性について聞いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE