英中銀副総裁:住宅価格は引き続き下落へ-インフレ加速を懸念

イングランド銀行のジョン・ギーブ副総裁 は19日、英住宅価格はさらに下落し、消費者信頼感を下押しするとの見通しを 示した。その一方で、インフレ加速によって利下げが一段と困難になっているこ とを示唆した。

ギーブ副総裁は英ダラムでの企業幹部との会合で、住宅「価格はピーク時か ら約7%下落してきたが、さらに下がる見通しだ」と語り、「そうした見通しに 対するショックが信頼感に与える影響は拡大しつつあるようだ」と指摘した。

原油相場が1バレル=140ドルに迫っていることや食品価格が過去最高値圏 にあることで、5月の英インフレ率は政府の目標上限(3%)を上回り、10年 で最大となった。イングランド銀行のキング総裁は今週、インフレがさらに加速 する可能性があり、インフレ抑制に向けて経済成長や生活水準が低下する必要が あるとの認識を示しており、ギーブ副総裁もこうした考えに同調した形だ。

ギーブ副総裁は「インフレ率は今年後半に急上昇し、4%を上回る公算が大 きい」とし、インフレ率は「短期的にさらに上昇する恐れがある。それによって 実質手取り賃金は減る方向で調整がかかることになる」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE