独5賢人委員会ボーフィンガー氏:ECBに利上げ再考を促す

ドイツの政府経済諮問委員会(5賢人委員 会)メンバー、ペーター・ボーフィンガー氏は19日、欧州中央銀行(ECB)が 7月の利上げを示唆していることについて、ECBがインフレリスクに関して間違 っている恐れがあると指摘、再考を促した。

ボーフィンガー氏はベルリンでのインタビューで、「ユーロ圏経済には既に制 御装置が作動している兆候がみられる。その兆候は今後さらに顕著になりインフレ を和らげる」との見方を示し、「政策金利を通した、石油価格の高騰など外的ショ ックへのいかなる取り組みも間違いである」と言明した。

同氏は、世界需要の減退やエネルギーコストの上昇、強いユーロは既にユーロ 圏景気への重しとなっていると指摘。景気減速はインフレを押し下げる。一方、政 策金利引き上げは景気拡大への抑制につながるだけだと付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE