香港株(終了):下落、信用関連損失への懸念で-中国銀行が安い

香港株式相場は下落。ハンセン指数はここ1 週間余りで最大の下げとなった。信用関連の損失が企業業績と世界経済の成長を 損なうとの懸念が広がった。

中国銀行(3988 HK)が5カ月で最大の下げとなった。同行は、2008年1- 3月(第1四半期)のサブプライム(信用力が低い個人向け)住宅ローン担保証 券関連の損失を2億300万ドルと公表している。ニューヨーク市場では米銀フィ フス・サード・バンコープが急落。08年4-6月(第2四半期)の利益がほぼ 消えるとの見通しを示したことが響き、S&P500種の地方銀行株指数の下げは 過去最大となった。

大和証券投資信託委託(香港)の運用担当者、モナ・チュン氏は「米企業業 績が上向かない限り、アジア市場は引き続き悪影響を受けそうだ」と述べた。

ハンセン指数は前日比528.19ポイント(2.3%)安の22797.61で終了。下 落率は10日以降で最大だった。同指数は前日までの3日間で計3.3%上昇して いた。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比3.1%安の12431.44。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE