【5%ルール】いちごA、スパークスA、米ブランデス、ゴールドマン

財務省に19日提出された大量保有報告書の 主な状況は以下の通り。

いちごアセットマネジメント・インターナショナル・ピーティーイー:アセ ット・マネジャーズ・ホールディングス(2337)株式の保有比率を17.57%から

18.69%に増やした。

保有目的に「純投資および状況に応じて重要提案を行う」としており、アセ ット・マネ側との対話を通じてコーポレート・ガバナンス(企業統治)の支援を 行うと説明している。

スパークス・アセット・マネジメント:グループ全体で上新電機(8173)株 式の保有比率を11.45%から12.47%に増やした。

保有目的は「重要提案行為等に該当する行為を行う予定」としており、財務 状況、株価、市場・業界の状況に応じて経営陣と建設的で友好的な議論を行い、 適切だと判断する行動をとることがあると説明している。

タワー投資顧問:ユニダックス(9897)株式の保有比率を5.09%にした。

タワー投資顧問:クリード・オフィス投資法人(8983)の保有比率を5.82% にした。

タワー投資顧問:プレサンスコーポレーション(3254)の保有比率を7.01% から8.23%に増やした。

タワー投資顧問:フージャースコーポレーション(8907)の保有比率を8.67% から9.72%に増やした。

FMR:エクセル(7591)株式の保有比率を7.88%から10.06%に増やした。

トレードウィンズ・グローバル・インベスターズ・エルエルシー:凸版印刷 (7911)株式の保有比率を6.93%から5.88%に減らした。

キャピタル・リサーチ・アンド・マネジメント・カンパニー:グループ全体で 千代田化工建設(6366)株式の保有比率を7.78%から10.02%に増やした。

ゴールドマン・サックス証券:グループ全体で日本綜合地所(8878)株式の 保有比率を5.07%にした。

ゴールドマン・サックス証券:グループ全体でケネディクス(4321)株式の 保有比率を7.06%にした

ブランデス・インベストメント・パートナーズ:日立製作所(6501)株式の 保有比率を7.61%から5.81%に減らした。

ブランデス・インベストメント・パートナーズ:プロミス(8574)株式の保 有比率を6.73%から5.73%に減らした。

テンプルトン・インベストメント・カウンセル:グループ全体でデサント (8114)株式の保有比率を8.58%から10.06%に増やした。

マラソン・アセット・マネジメント:オンワードホールディングス(8016) 株式の保有比率を5.01%にした。

スパークス・アセット・マネジメント:ジャパンベストレスキューシステム (2453)株式の保有比率を9.51%から8.45%に減らした。

スパークス・アセット・マネジメント:アドテックエンジニアリング(6260) 株式の保有比率を8.88%から7.58%に減らした。

スパークス・アセット・マネジメント:サムコ(6387)株式の保有比率を5.36% から4.23%に減らした。

スパークス・アセット・マネジメント:CDG(2487)株式の保有比率を5.15% から4.14%に減らした。

シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ:アサツー ディケイ (9747)株式の保有比率を11.75%から12.81%に増やした。

JPモルガン・アセット・マネジメント:グループ全体で中外製薬(4519) 株式の保有比率を5.15%にした。

JPモルガン・アセット・マネジメント:グループ全体で三井松島産業(1518) 株式の保有比率を9.40%から4.37%に減らした。

JPモルガン・アセット・マネジメント:グループ全体でスギ薬局(7649) 株式の保有比率を5.03%にした。

JPモルガン・アセット・マネジメント:グループ全体でミツミ電機(6767) 株式の保有比率を6.23%にした。

JPモルガン・アセット・マネジメント:グループ全体で横河電機(6841) 株式の保有比率を5.41%にした。

JPモルガン・アセット・マネジメント:グループ全体でダイキン工業(6367) 株式の保有比率を5.73%にした。

ジェー・ピー・モルガン・ホワイトフライヤーズ:グループ全体でCSKホ ールディングス(9737)株式の保有比率を7.10%にした。

UBSセキュリティーズ・ジャパン:グループ全体でパシフィックホールデ ィングス(8902)株式の保有比率を5.16%にした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE