損保協会長:次期会長に日本興亜の兵頭社長-再任可能性高く問題ない

日本損害保険協会の江頭敏明会長(三井 住友海上火災保険社長)は19日、次期会長に日本興亜損害保険の兵頭誠社長 が30日付で就任すると発表した。兵頭社長をめぐっては、日本興亜の筆頭株 主の米投資ファンドが再任に反対しているが、株主構成などから「株主総会で 再任される可能性が大きい」(江頭会長)ため、特に問題はないとしている。

一方で江頭会長は、損保各社の外国人持ち株比率が4割前後と高い水準に あることに関連して、「経営方針をめぐって意見の合わない部分は当然あるが、 そこは実態をきちっと話をして理解を深める以外にない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE