UBS、クレディ・スイス、ドイツ銀は評価損計上へ-ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス・グループのアナ リストらによれば、スイスの銀行UBSは2008年4-6月(第2四半期)に、 同業のクレディ・スイス・グループやドイツ銀行より多額の評価損を計上する可 能性がある。UBSは米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン危機 で巨額の損失を出している。

クリストファー・マルマー氏らゴールドマンのロンドン在勤アナリストは 19日までにリポートで、UBSの利益が評価損で40億スイス・フラン(約4140 億円)押し下げられる公算があるとの見方を示した。クレディ・スイスの評価損 は11億5000万フラン、ドイツ銀は4億8000万ユーロ(約800億円)とみてい る。

マルマー氏は「3月末以降の信用市場の指標の動きから見ると、欧州の銀行 は引き続きマイナスな評価額の調整に直面する恐れがある」と指摘。ゴールドマ ンはまた、「資本市場での厳しい環境」を理由に、上記3行の1株当たり利益の 予想も下方修正した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE