中国株(午前):CSI300指数、下落-政府のインフレ抑制策を懸念

19日午前の中国株式市場では、CSI300指 数が前日の上昇から反落している。中国政府が、株価上昇よりもインフレ抑制に 集中的に取り組むとの観測が再び強まった。

中国人民銀行の周小川総裁がインフレ対策は同国の最優先課題だと述べたこ とを受け、中国最大の上場証券会社、中信証券と中国2位の保険会社、中国平安 保険が安い。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前日比109.30ポ イント(3.7%)安の2881.97。前日は政府が株価を支えるため介入するとの観 測から5.2%高となった。

中信証券(600030 CH)は4.5%安の25.10元。平安保険(601318 CH)は

4.1%安の48.96元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE