訂正:5月粗鋼生産:3.7%増-24カ月連続増、5月では過去最高

日本鉄鋼連盟(会長:宗岡正二新日本製鉄 社長)は19日、2008年5月の粗鋼生産量が、前年同月比3.7%増の1054.7万 トンになったと発表した。前年実績を24カ月連続で上回り、5月の生産量とし ては07年5月の1017.2万トンを超え、過去最高を記録した。

5月の粗鋼生産の内訳は、高炉メーカーが主に手がける転炉生産が前年同 月比5.5%増の779.4万トンと24カ月連続で増えたが、電炉生産は同1.1%減 の275.4万トンと4カ月ぶりに減少した。自動車・造船・機械向けに高炉各社 の増産基調が続く一方で、改正建築基準法の影響で建材の比重が高い電炉メー カーの生産が落ちた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE