ポンドは対ユーロで過去最安値に下落の公算、英景気減速で-HBOS

英住宅ローン最大手のHBOSは、向こう 3カ月でポンドがユーロに対し過去最安値に下落する可能性があると指摘してい る。英景気が減速していることから、インフレ加速がみられるにもかかわらず、 イングランド銀行は利上げをしないとの見方が広がっているためだという。

ストラテジストのナイーム・ワヒド氏によれば、英中銀が利上げするとの見 方を投資家が弱めるなか、ポンドは1ユーロ=81ペンスまで下落する公算があ る。ポンドは4月16日、1ユーロ=80.99ペンスと、1999年のユーロ導入以来 の最安値を付けた。

ワヒド氏は17日の電話インタビューで、「短・中期的には下振れリスクが あるとみている。原因は主として経済指標の弱さだ」と指摘した。

17日発表された5月の英インフレ率は、少なくとも10年で最も高い水準と なった。インフレ加速を受けイングランド銀のキング総裁は、政策金利の先行き について「不透明」だとの見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE