米リーマン、元トレーダーのヘッジファンドに資産売却-50億ドル規模

米投資銀行リーマン・ブラザーズ・ホー ルディングスは、同社の元トレーダー、リック・リーダー氏(46)が立ち上げ たヘッジファンドに出資するとともに、約50億ドル(約5400億円)の資産を 売却した。これによってリーマンは、自社のバランスシートが縮小する一方、 同ファンドの持ち分から利益を得ることが可能になる。

リーダー氏は18日、リーマンが同氏のファンド「R3キャピタル・パー トナーズ」の少数出資者であることを明らかにした。リーマンとその他の投資 家の出資額については言及を避けた。リーマンの広報担当、ケリー・コーエン 氏はこの件にコメントしなかった。

リーダー氏はインタビューで、譲渡されたのは「非常に満足を感じられる 資産」と説明。「同資産は、大きな利益を生み出す素晴らしい可能性がある。 他の出資者と同様、リーマンは今後われわれの運用益の恩恵を受けるだろう」 と語った。

リーマンに21年間在籍した同氏は、R3立ち上げに向けて5月に退社。 リーマンで最後に率いたのはグローバル・プリンシパル・ストラテジーズ・グ ループで、クレジット・アービトラージやプライベートエクイティ(未公開 株)などに投資していた。リーマンは今週先に、2008年3-5月(第2四半 期)が28億ドルの赤字だったと発表。同社は、信用危機を乗り越える対策の 一環として、第2四半期中に1470億ドルの資産を売却した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE