NY原油時間外:下落-ナイジェリアでの労使交渉再開でスト回避期待

ニューヨーク原油先物相場は、19日の時間 外取引で下落している。ストライキに突入する恐れがあった米石油会社シェブロ ンのナイジェリア部門で、労使双方が交渉を再開することで合意したため、アフ リカ2位の産油国からの供給に支障が出る状況がひとまず避けられた。

労組側の18日の発表によれば、労使交渉は19日の予定。スト突入となれ ば、ナイジェリアの32油田から35万バレルの産油がストップする可能性があ った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は一時、71セン ト(0.5%)安の1バレル=135.97ドル。シンガポール時間午前9時53分(日 本時間同10時53分)現在は136.18ドル。16日には同139.89ドルと、過 去最高値を付けた。18日終値は2.67ドル(2%)高の同136.68ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE