三菱自:プラグイン・ハイブリッド車の先進国投入を検討-12年以降に

三菱自動車は、家庭用電源から直接充電 できるプラグイン方式でエンジンとモーターを併用するハイブリッド車の先進 国への投入を検討している。欧州で排気ガス規制が厳しくなり始める12年以 降の投入を目指している。電気自動車の事業推進室長、橋本徹氏が16日のイ ンタビューで明らかにした。

三菱自動車は次世代電気自動車の販売を2009年に計画しているが、プラ グイン・ハイブリッド車についてはトヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ (GM)が10年までに投入する計画をすでに表明している。

橋本氏は、大きな車でも二酸化炭素(CO2)を削減していく必要がある と指摘し、「SUV(スポーツ型多目的車)など大きな車はプラグインにせざ るを得ない」という。また、先進国のどこにでもプラグイン・ハイブリッド車 を投入していくとし、12年以降に「出せるようにしたい」と語った。

クレディ・スイス証券の遠藤功治リサーチアナリストは、規制が厳しくな るなかで収益を上げていくため、自動車メーカーにとって大型車にも環境対応 車が必要になると指摘する。また、トヨタのハイブリッド専用車「プリウス」 のような基盤を持たない三菱自動車には、現行モデルを活用してプラグイン・ ハイブリッド車をつくるのが自然な対応だとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE