米モルガン・スタンレー:トレーダーを停職処分、価値評価の誤りで

米証券2位、モルガン・スタンレーのコル ム・ケレハー最高財務責任者(CFO)は18日、債券トレーダー1人を停職 処分とし、同トレーダーのポジションの価値評価で誤りがあったため1億2000 万ドル(約130億円)の「下方修正」を行ったことを明らかにした。

同CFOはインタビューで、同社が5月に今回の間違いを発見し、その後 はロンドンの関係当局に協力するとともに内部調査も進めていると述べた。C FOは、トレーダーの身元は明らかにしなかった。英金融サービス機構(FS A)の広報担当者、ジョゼフ・アイア氏はコメントを控えた。

モルガン・スタンレー以外にも、今年これまでに3社が価値評価でミスが あったと公表している。スイス2位の銀行、クレディ・スイス・グループは3 月、内部調査でトレーダーのグループが意図的に「不適切な価値評価」を行っ たことが明らかになったとし、資産担保証券(ABS)で26億5000万ドルの 評価損を計上すると発表した。

ケレハーCFOはアナリストとの電話会議で「今回の件は単独の事例で、 自己勘定取引での手違いから生じたのとはかなり違う状況と確信している」と 指摘。「当社が自社の管理下で突き止めた事例であり適切に対処した。この種 のストレスが強い環境の下では、不適切な行動に走る人々がいることも考えら れる」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE