ワタベ株が急上昇、メルパルクと提携で国内事業強化を期待-手ごろ感

挙式事業を手掛けるワタベウェディング の株価が大幅続伸。一時は前日比80円(8%)高の1084円まで買い進まれ、 約2週間ぶりの水準を回復した。東京、大阪など主要都市に11の施設を保有 するメルパルク(旧郵便貯金会館)と提携、婚礼事業などを引き継ぐと18日 に発表。挙式催行件数の増加や海外からのカップル受け入れなどで国内事業が 強化できるとみられ、買いが入っている。

結婚誌「ゼクシィ」(リクルート社)がまとめた「結婚トレンド調査 2007」によると、首都圏の挙式・披露宴の費用総額の平均は約338万円で、招 待人数は約71人だった。メルパルクは、若干低めの料金設定で人気を集めて きた。ワタベ取締役管理本部長の山本弘也氏は、「弊社の海外挙式の平均単価 は70-100万円。手ごろ感が受け、クチコミで顧客を増やしてきた。メルパル クにおいても手ごろ感を前面に出し、宿泊やリゾート滞在型のサービスを提供 して行きたい」と話している。

メルパルクの08年3月期の売上高は約241億円で、挙式催行件数は5700 件だった。東京、横浜、名古屋などのほかに京都、熊本、松山などにも施設を 展開、「海外のカップルが日本的な挙式を望む場合、宿泊も含めサービスを提 供できる」(山本氏)という。事業継承に絡む買収額は、今後日本郵政グルー プとの協議で決めていく。

コスモ証券エクイティ部の清水三津雄副部長は、「ブライダル業界の競合 がますます激しくなる中で、宿泊も含め横にサービスを広げていこうというワ タベの差別化戦略は、一定の評価ができる」と見ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE