露ガスプロム:08年の輸出収入、約7兆7200億円に60%急増か

ロシアの天然ガス輸出会社ガスプロムは 18日、天然ガス価格の高騰と販売量の拡大により、2008年の輸出収入が60% 急増し、過去最高に達するとの見通しを示した。同社は欧州での天然ガス供給 の25%を占める。

ガスプロムのアレクサンドル・メドベージェフ副最高経営責任者(CE O)は同日、モスクワで記者団に対し、ロシア国外の売上高がことし、716億 ドル(約7兆7200億円)と、昨年の448億ドルから増加する可能性が高いと の見方を示した。欧州でのロシア産天然ガスの消費量はことし、11%増の1668 億立方メートルになると予想している。

ロシアでは、政府が企業や家庭に補助金を支給し、国内のガス価格を制限 しているため、ガスプロムは利益の大半を国外での売り上げに依存している。 政府は欧州の水準に向けて国内価格を徐々に引き上げており、07年12月には、 ガスプロムが国内価格を08年に最大25%引き上げることを許可した。

また、メドベージェフ副CEOは、石油・ガス開発合弁事業「サハリン 2」からの液化天然ガス(LNG)の輸出を「来年1月までに」開始する方針 を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE