NY原油(19日):4ドル以上の急落、中国の燃料値上げで需要減観測

ニューヨーク原油先物相場は急落。バレ ル当たり4ドル以上値下がりした。中国が20日から燃料価格を引き上げるこ とから需要が減少するとの観測が広がった。

中国国家発展改革委員会(NDRC)は1トン当たりのガソリン価格とデ ィーゼル油価格をいずれも1000元引き上げると発表した。これはガソリンと ディーゼル油それぞれ17%と18%の値上げに相当する。

MFグローバル(ニューヨーク)のエネルギーリスク管理担当バイスプレ ジデント、マイケル・フィッツパトリック氏は、「中国の燃料価格引き上げの 発表を嫌気して相場は急落した。この発表は需要に大きく影響を及ぼすはず だ」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引されている原油先物7月限 は前日比4.75ドル(3.48%)安の1バレル=131.93ドルで取引を終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE