中国財政省の朱光耀氏:ドル問題で米国が責任ある役割を―記者会見

中国財政省の高官、朱光耀氏は第4回米中 戦略経済対話の終了後、ワシントンでの記者会見で以下のように発言した。両国 が12月に北京で次回会合を開催することで合意したことも明らかにした。

「ドルについても率直に話し合った」

「過度の下落は米国を含むすべての国の利益にならないと、われわれは考え ている」

ポールソン米財務長官やバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の 「ドルに関する最近の発言にわれわれは注目している。ドルの問題で米国が責任 ある役割を担えるよう望んでいる。それが米国の国益となり、世界の金融システ ムの安定に必要だ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE