ポールソン米財務長官の通貨政策は「二枚舌」-バークレイズ

英バークレイズ・キャピタル・リサーチ のアナリストは18日付のリポートで、ポールソン米財務長官が通貨政策で 「二枚舌」を使っており、インフレ抑制でドル高を望む一方、アジア各国には 当該国通貨の上昇を求めていると指摘した。

バークレイズのアナリストは「ポールソン長官は原油高に起因したインフ レ圧力を抑制するため、対ユーロではドルの上昇を望んでいるが、不均衡是正 のためアジア通貨に対してはドルの下落を望んでいる」と記述している。

ドルはニューヨーク時間午後1時13分現在、対円で前日比ほぼ変わらず の1ドル=107円85銭、対ユーロでもほぼ変わらずの1ユーロ=1.5519ド ルで推移している。人民元はドルに対し6営業日続伸。2005年のドル・ペッ グ(連動)制廃止後の最高値を更新した。中国外国為替取引システム(CFE TS)によれば、人民元は0.14%高の1ドル=6.8822元。

バークレイズは米国が日本に対し、110円を下回る円高・ドル安水準を維 持するよう働きかけていると指摘。今後数週間は105-110円で推移する可能 性が高いとの見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE