サンフランシスコ連銀総裁:米欧の景気減速が「アジアに影落とす恐れ」

米サンフランシスコ連銀のイエレン総裁は 18日の講演で、米経済成長の鈍化はアジアから出荷される輸出品への需要を損 ねることになり、アジアに影を落とす可能性が高いと述べた。

サンフランシスコ連銀が主催するアジアの銀行・金融に関する年次会議に出 席したイエレン総裁は、「米欧の経済活動の伸びが結果的に鈍化していること がアジア諸国の見通しに影を落とす可能性が高い」と語った。

同総裁は商品相場の値上がりが世界的なインフレ圧力を強めており、「金融 市場なまだ正常化されていない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE