香港株(終了):1週間ぶり高値、不動産株高い-投資判断や指標好感

香港株式相場は3日続伸し、指標のハンセ ン指数は1週間ぶりの高値で終了した。ゴールドマン・サックス・グループが 大手のサンフンカイ・プロパティーズ(16 HK)の投資判断を引き上げたことを 受け、不動産株が高くなった。香港の失業率が10年ぶり低水準を維持したこと も追い風となった。

サンフンカイは11週で最大の上昇。原油の4営業日続落で製油大手の中国 石油化工(Sinopec、386 HK)も3カ月で最大の上げとなった。

メーンファースト・セキュリティーズ香港のセールストレーダー、アンド ルー・サリバン氏は「サンフンカイは香港不動産業者のなかでも経営状態が最 も良い会社の1つだ」と指摘。「香港失業率が10年ぶり低水準であることから」 今後の展望も明るいとの見方を示した。

ハンセン指数は前日比267.81ポイント(1.2%)高の23325.80と、11日 以来の高値で引けた。ハンセン中国企業株(H株)指数は2.1%高の12829.33。

サンフンカイは3.6%高の118.40香港ドル。Sinopecは7.8%高の

8.32香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE