資生堂:ブティック事業から撤退、今年度中に「ザ・ギンザ」18店閉鎖

化粧品国内最大手の資生堂は18日、同社の 子会社「ザ・ギンザ」がブティック事業から撤退すると発表した。これまでデザ イナーズブランドやオリジナルブランドの衣服や服飾雑貨を販売してきたが、主 力の化粧品販売事業に集中する。

現在21店舗ある「ザ・ギンザ」のうち、18店を2008年度中に閉店する。化 粧品を扱っている3店は営業を続ける。資生堂は同事業を1975年に開始。事業と しては黒字だったが、事業としての優位性が失われつつあることなどを背景に、 撤退を決めた。

東京・銀座にある本店は、入居しているビルが老朽化に伴う建て替えを決め ており、09年1月で閉店する。当面は近隣の仮店舗で営業し、新たに本店をオー プンする予定。今期(09年3月期)業績への影響は軽微という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE