三菱重:航空・宇宙事業は30年度に営業利益800億円へ、5倍以上に

【記者:松井博司】

6月18日(ブルームバーグ):三菱重工業の航空・宇宙事業本部長、川井 昭陽常務は18日の事業説明会で、2030年度の同事業の営業利益について、07 年度の147億円に対し、800億円を目指すことを明らかにした。このうち、開 発を進めている国産小型ジェット旅客機MRJで100億-200億円を計画して いる。

航空・宇宙事業は30年度の売上高で、07年度の5006億円に対し、その2 倍の規模に拡大させる。営業利益は800億円のうち、防衛・宇宙事業で200億 円、それ以外の民間航空機・エンジン事業で600億円を計画している。

--共同取材:菅 磨澄 Editor:Hideki Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松井 博司 Hiroshi Matsui +813-3201-2068 hmatsui2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE