NY原油時間外:下落、今年初の4日続落-米ガソリン需要が低下

ニューヨーク原油先物相場は、18日の時 間外取引で下落している。今年初の4営業日続落。米国でガソリン価格が最高 値となったことで、需要が落ち込んでいることが背景。

米クレジットカード大手、マスターカードの週間リポート「スペンディン グプラス」によれば、消費者のモーター燃料購入は平均で日量930万5000バレ ルと1年前に比べ3.2%少なく、8週連続の減少となっている。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は一時、85セン ト(0.6%)安の1バレル=133.16ドル。シンガポール時間午前11時25分(日 本時間午後零時25分)現在、133.41ドル。前日のNYMEXでは、前日比60 セント安の134.01ドルで取引を終え、3営業日続落となっていた。4営業日続 落は昨年12月18日以来で最長の下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE