韓国の労組、7月2日にゼネスト-米産牛肉輸入解禁の決定に抗議

韓国の労組、全国民主労働組合総連盟(民 主労総)は17日、原油高騰や、李明博(イ・ミョンバク)大統領の米国産牛肉 輸入解禁の決定に抗議し、7月2日にゼネストを実施する方針を明らかにした。

民主労総の組合員63万人のうち約51万人が投票。70%がストに賛成した。 輸送料の値上げや政府補助金の増額を求めて6月11日にスト入りした全国運輸 産業労働組合貨物連帯(貨物連帯)に追随する。

李大統領の支持率は、大統領選で地滑り的勝利を収めた昨年12月の半分以 下に低下。大統領の米国産牛肉輸入解禁の決定に対する不満や、港湾施設や建 設現場をまひ状態に陥れたストは、大統領が選挙公約にした経済政策の足かせ になっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE