ロジウム価格:初の1オンス=1万ドル台、5年連続で供給不足か

ロジウムの価格が17日、4営業日続伸し、 初めて1オンス当たり1万ドルを超えた。5年連続で供給が需要を下回るとの 見方が強まっていることが要因。

ブルームバーグ端末上の英ジョンソン・マッセイのデータによると、ロジ ウムの現物価格は同日、前日比50ドル(0.5%)高の1オンス当たり1万25 ドルとなった。ロジウム価格は年初来で46%高騰し、金や銀、プラチナ、パラ ジウムなどの貴金属の上昇率を上回っている。

ザブリオンデスク・ドットコムのアナリスト、ジェームズ・ムーア氏(ロ ンドン在勤)は電話インタビューで「市場の供給は不足しており、しばらくの 間、このような状態が続いている」と指摘。「ことしもほぼ同様の状況が続く だろう。どちらかと言えば、さらに不足する可能性もある」との見方を示した。

世界のロジウム供給の約85%を占める南アフリカ共和国では電力が不足し ているため、1月に複数の鉱山の操業が停止された。電力供給は少なくとも 2012年まで制限される見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE