債券相場は上昇スタート、米債高や株安を受け買い先行―米指標悪化で

債券相場は上昇(利回りは低下)。東京先 物市場の中心限月9月物は、前日比36銭高の133円51銭で取引を開始した。前 日の米国市場では、鉱工業生産や住宅着工統計が予想を下回り、景気悪化が示さ れたことで、株安・債券高となった。こうした地合いを引き継ぎ、日経平均株価 が安く寄り付き、円債市場は買い先行となった。早期の日銀利上げ観測後退を背 景に、短中期債の堅調推移も見込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE