プロスペRが売り気配、監視委が運用会社に処分勧告-利益相反

首都圏を地盤に住居用不動産を投資対象と する不動産投資信託(J-REIT)、プロスペクト・レジデンシャル投資法人 の投資口価格(株価に相当)が売り気配で始まった。証券取引等監視委員会が前 日に、同REITの運用会社に、不動産取得に関連した不正行為があったとして 金融庁に行政処分を行うよう勧告したと発表したことを受けて、売りが広がって いる。

この運用会社はプロスペクト・レジデンシャル・アドバイザーズ。監視委に よると、同社は利害関係者からの建物取得で、不動産鑑定業者に売主の希望する 価格以上の評価を出すよう依頼、これが利益相反に当たるという。こうした評価 を示す鑑定業者を任意に選定したことも不適切としている。

--共同取材:伊藤小巻 Editor:Tetsuki Murotani

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 桑子かつ代 Katsuyo Kuwako (81)(3)3201-8311  kkuwako@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo (813)3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Peter Langan (81)(3)3201-7241

Katsuyo Kuwako Komaki Ito

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE