新日鉄:造船各社と厚鋼板の上期3万円値上げで決着-最高値へ

新日本製鉄が三菱重工業やユニバーサル 造船など大手造船各社と進めていた厚鋼板の価格交渉が、1トン当たり3万円 の値上げで決着したことが明らかになった。2008年度上期中に段階的に実施す る。既に受注した船の価格を値上げするのが難しい造船各社は、当初値上げに 難色を示していたが、世界的な鉄鋼需給ひっ迫により安定調達を優先し、値上 げを飲んだ格好だ。関係者が明らかにした。

新日鉄と値上げで合意したのは三菱重工、ユニバーサル、今治造船、ア イ・エイチ・アイ・マリンユナイテッド(IHIMU)、川崎造船の5社。今 回の値上げで厚鋼板価格はトン10万円程度と史上最高値となる。

新日鉄など鉄鋼業界は、原料炭が前年比3倍、鉄鉱石が同65%と大幅な値 上げで決着したのを受け、鉄鋼製品全般についてトン3万円の値上げを進め、 トヨタ自動車や松下電器産業などとの大口契約価格もほぼこの水準で決着済み。 造船や建機業界との価格交渉に注目が集まっていた。

厚鋼板の一般流通価格については4月に2万円、6月に1万円の値上げを 実施済み。今回、造船各社も4-6月に1万5000円または2万円、7-9月 に1万5000円または1万円と段階的に値上げを受け入れる。

世界的な造船建造ブームで厚鋼板の需給はひっ迫しており、日本造船工業 会の田崎雅元会長(川崎重工業会長)は17日の定例会見で、会員企業の半数 以上で鋼材の納期に2週間程度の遅れが出ていると指摘した。

新日鉄の造船向け厚板値上げについては18日付の鉄鋼新聞が報じた。

新日鉄の株価は前日比1円(0.2%)高の633円(午前10時2分現在)。

--共同取材:松井博司   Editor:Naoya Abe

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 竹本能文 Yoshifumi Takemoto +81-3-3201-8374 ytakemoto@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net James Poole +65-6212-1551 jpoole4@bloomberg.net

種類別ニュース: 日本経済 NI JEALL、NI ECO 企業のニュース: NI KIGYO、NI COS JBN6 NI ACOMMODS NI PCSMARKET NI STL 企業のニュース: NI KIGYO、NI COS JBN6 NI ACOMMODS NI PCSMARKET NI STL

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE