米CFTC:英国での原油取引の監視強化へ-詳細な情報公開義務付け

米商品先物取引委員会(CFTC)は、 英国の取引所であるICEフューチャーズ・ヨーロッパを利用する石油トレー ダーに対する特別措置を見直し、取引に関するより詳細な情報の公開を義務付 けることを計画している。規制の変更は9年ぶりとなる。

CFTCのウォルター・ルッケン委員長代行は17日、米上院の公聴会で 証言し、今回の規制変更は、英金融サービス機構(FSA)とICEフューチ ャーズ・ヨーロッパとの協議を受けたもので、10月から施行する方針であるこ とを明らかにした。

今回の変更は、ICEフューチャーズ・ヨーロッパでの監視を強化して取 引の透明性を高め、単体の市場参加者が原油相場を変動させる能力を制限する ことを目指している。大手の銀行による商品取引が活発化し、相場を押し上げ ているとの見方もあり、米連邦議会の議員らはこれらの銀行に特に注目してい る。

ルッケン委員長代行は「原油相場が波乱の状況にあるなか、市場を不正に 操作しようとする関係者にとって環境は整っている」との見方を示した。

CFTCは1999年、国際石油取引所(IPE)に書簡を送付し、取引に 関する最低限の情報公開を義務付ける一方、持ち高制限に関する規制を免除す る方針を示した。IPEは2001年にICEに買収された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE