米シティのヘッジファンド「ファルコン」、TOB継続を裁判所が容認

米銀大手シティグループのヘッジファンド 「ファルコン・ストラテジーズ」のファンド1本が清算手続きの一環として5 月8日に開始した株式公開買い付け(TOB)について、ニューヨークの米連 邦地裁は17日、TOB継続を容認する判断を下した。

同地裁のシドニー・スタイン判事はこの日、TOBの中止を求める投資家 の訴えを退けた。投資家は5月20日、TOBに関する資料で情報が省略されて おり、誤解を招く記述が含まれていると主張し、集団訴訟の扱いを求めて提訴 した。

スタイン判事は「要するに原告側は、詐欺行為を禁じる証券法の条項を、 広範な情報開示条項に拡大解釈しようとしている」と指摘した。

原告側の申し立てによると、TOBを開始した「ファルコン・ストラテジ ーズ・トゥー」は資産価値が約80%減少した。シティグループは、解約や募集 を停止した3月以降、同ファンドの清算を進めてきている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE