カナダ・ドル:ほぼ1カ月ぶりの大幅高-対加証券投資で買い越し増

17日の外国為替市場で、カナダ・ドルは ほぼ1カ月ぶりの大幅高。4月の対カナダ証券投資で買い越し額が1年5カ月 ぶり高水準だったことや株高を好感した。

カナダ・ドルは、16主要通貨のうち13通貨に対して上昇。約1週間ぶり の高値となった。カナダ当局の発表によると、海外の投資家による4月のカナ ダ証券買い越し額は97億5000万カナダ・ドル(約1兆330億円)で、2006年 11月以来の高水準だった。

RBCキャピタル・マーケッツのシニア為替ストラテジスト、マシュー・ ストラウス氏は「この数値はカナダ・ドルには確実にプラスの材料」と指摘。 「この日の動きは、上向きトレンドの継続を示唆している。株式相場が上昇し、 市場にとっての最悪期は過ぎたという感覚が全体的に広がっていることも、カ ナダ・ドルの支えとなっている」と述べた。

カナダ・ドルは、トロント時間午後3時1分(日本時間18日午前4時1 分)現在、前日比0.6%高の1米ドル=1.0177カナダ・ドル(1カナダ・ドル =0.9827米ドル)。これは5月21日以来の大幅上昇。前日は同1.0237カナ ダ・ドルだった。

トロント株式市場のS&P/TSX総合指数は17日、前日比0.9%高の

15071.51。原油相場が過去最高値を更新し続けるなか、TSX指数は年初から は9%上昇している。

カナダ2年物国債(表面利率3.75%、2010年6月償還)の利回りは8ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.29%。価格は14セント高 の100.87カナダ・ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE