米ゴールドマン:3-5月期は11%の減益-市場予想ほど悪化せず

米証券大手ゴールドマン・サックス・グル ープが17日発表した2008年3-5月(第2四半期)決算は、前年同期比で11% の減益となった。減益幅は市場予想よりも小幅にとどまった。

純利益は20億9000万ドル(1株当たり4.58ドル)と、前年同期の23億 3000万ドル(同4.93ドル)から減少。ブルームバーグ・ニュースがまとめた アナリスト19人の1株当たり利益予想は平均で3.42ドルだった。

総収入は94億2000万ドルと、前年同期の102億ドルから7.5%減少した。 普通株の年間ROE(株主資本利益率)は20.4%。前四半期は14.8%、前年同 期は26.7%だった。

第2四半期の評価損と信用損失は7億7500万ドル(約840億円)。この影 響で、債券事業の収入は29%減となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE