米ベスト・バイ:3-5月期6.8%減益、税還付効果で予想は上回る

米家電量販大手のベスト・バイが 17日発表した2008年3月-5月(第1四半期)決算は前年同期比で

6.8%の減益となった。戻し減税(税還付)が販売に寄与し、薄型テレビ の販売が好調だったため、アナリスト予想は上回った。

純利益は1億7900万ドル(1株当たり43セント)と、前年同期の 1億9200万ドル(同39セント)から減少した。利益はブルームバーグ がまとめたアナリストの予想平均を6セント上回った。売上高は89億 9000万ドルに増加した。

ベスト・バイは同業下位のサーキット・シティ・ストアーズなどか ら市場シェアを奪っている。サーキットは先月、身売りを模索している ことを明らかにした。ベスト・バイは採算性を優先した店舗レイアウト を採用し、収益性の高い地域に店舗を増設した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE