中国人民元:対ドルで5日続伸-ペッグ制廃止後の上昇率が20%に

中国の外国為替取引で、人民元はドルに対し5 営業日連続で上昇した。一時は1ドル=6.8909元まで値上がりした。2005年7月 のドル・ペッグ(連動)制廃止後の上昇率は20%に達した。

ポールソン米財務長官と中国政府高官は、米メリーランド州アナポリスで17、 18両日、米中戦略経済対話に臨む。中国は今年、インフレ抑制に向け、人民元の 一段高を容認している。元上昇は輸入価格の押し下げにつながる。

JPモルガン・チェースの為替ストラテジスト、クラウディオ・パイロン氏 (シンガポール在勤)は「人民元上昇だけがインフレ加速を抑制するための実行可 能な選択肢だ」と指摘した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海時間午後5 時半(日本時間同6時半)現在、前日比0.13%高の1ドル=6.8915元。前日は

6.9004元だった。4-6月期に入ってからの上昇率は1.7%。1-3月期は4.2% 上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE