6月のドイツZEW景況感:マイナス52.4に悪化-15年半ぶり低水準

ドイツの欧州経済研究所センター(ZEW)が 17日発表した6月のドイツ景況感指数(期待指数)はマイナス52.4と、1992年 12月以来、15年半ぶりの低水準に落ち込んだ。インフレ高進で欧州一の経済大国、 ドイツの景気見通しが悪化した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト37人の予想中央値では、 マイナス42.5への低下が見込まれていた。マイナスは悲観的な見方が楽観的な見 方より多いことを表す。5月はマイナス41.4だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE