日証協:不正処分を強化、過怠金の上限を撤廃へ-インサイダー規制も

日本証券業協会は17日、虚偽記載や不当利 益の取得など証券会社の不正行為に対する処分を大幅に強化すると発表した。制 裁として課す過怠金は上限(現行5億円)を撤廃する。準備ができ次第、実施に 移す。一方、野村証券の元社員らが引き起こしたインサイダー取引の防止策とし て、協会の自主規制を年内に強化する方針も打ち出した。

一方、安東俊夫会長は同日の定例会見で、協会が72%の株式を保有するジ ャスダック証券取引所による大阪証券取引所との経営統合決定を受け、当面の予 定を公表した。1カ月程度のデューデリジェンス(資産査定)を経て、遅くとも 8月上旬にはTOB(株式公開買い付け)を実施、8月中には株式の譲渡完了を 見込んでいるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE