バーゼル銀行監督委:銀行の流動性リスク管理改善狙う-信用損失受け

バーゼル銀行監督委員会は17日、世界大手 金融機関による巨額の評価損や信用損失を受け、銀行の流動性リスク管理の改善 に向けた草案を公表した。

同委員会が電子メールで送付した資料によれば、今回公表した一連の指針は、 銀行による簿外の事業リスクの測定方法改善や、混乱期の流動資産の扱いなどを 取り上げている。同委員会は銀行に対し、流動性リスクの内容や管理に関するデ ータの公開について助言している。

同委員会のウェリンク議長は資料で、「こうした国際基準の推進におけるバ ーゼル銀行監督委員会の目標は、銀行の流動性リスクの管理・監督の水準を大幅 に引き上げることだ」と指摘した上で、「われわれは、銀行や監督当局がこの強 化された指針を迅速かつ全面的に実行すると十分見込んでいる」との見解を示し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE