森ビル:初の社債発行検討、調達額は500億-1000億円-不動産投資

「六本木ヒルズ」など大型ビルの開発を行う 森ビル(東京都港区)の最高財務責任者(CFO)の堀内勉常務は17日の記者 説明会で、同社として初の社債発行を検討していることを明らかにした。調達額 は500億-1000億円の見込みで不動産投資に充当する予定。同社の今年度の不動 産投資は前年度並みの1500億円を計画している。

堀内常務は「今年度中に500億-1000億円の社債を発行したいと思っている。 マーケットを見ながら調達していきたい」と述べた。発行形式は公募で、機関投 資家への売却を検討している。森ビルは2007年12月、日本格付け研究所(JC R)から「A-」の格付けを取得した。

投資環境について、同常務は「不動産市場はデット(借入金)が付きにくく、 売り物が出るなかで売り物の値段が下がっている。再開発を迅速に進めるため、 売り物は積極的に拾っていきたい」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE