三菱自:仏プジョーと電気自動車での協業に向けた検討で合意

三菱自動車は17日、仏プジョーシトロエン グループ(PSA)と電気自動車の開発、生産分野での協業に向けた検討に入る ことで合意したと発表した。

三菱自とPSAは、2007年から三菱自製スポーツ型多目的車(SUV)を PSAに、PSA製のディーゼルエンジンを三菱自にそれぞれ相互供給している ほか、5月にはロシアに合弁工場を新設することでも合意している。両社の関係 が電気自動車分野にも拡大することになる。

三菱自の株価17日終値は前日比3円(1.5%)安の202円、年初来で6.9% 高い水準にある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE